国の教育ローンと民間銀行の教育ローンの違い

教育ローンの受け取り方として一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

シミュレーションしやすいというメリットがありますが予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、金融機関によって融資額も様々です。

教育一般貸付(国の教育ローン)は最大350万円まで借り入れが可能です。

民間銀行の教育ローンは300万円から1000万円程度となっています。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わります。

教育ローンを比較するならランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

わざわざ金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など知りたい情報は表になっているので簡単に比べることができます。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

非正規雇用として契約している方は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上はないと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

高校生の学費が安いとは限りません。

私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないなんてことになってしまうと最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

国の教育ローンなら世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間については最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より一番重要な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

低い金利として有名な教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社のローンよりもお得です。

銀行の場合3から5%、ノンバンク系であれば5から10%が一般的なので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

申請者は学生の親であることが多く学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意点は金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

奨学金と教育ローンの違いについてご紹介します。

教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後からの返済となります。

埼玉りそなの教育ローンを知っていますか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

参考:借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や年収によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

学生本人が教育ローンの融資を受けるということは基本的には無理です。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は責任を持って貸付契約ができる必要があります。

そのためには成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンと同じように限度額の範囲内だったら借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

給与振込の口座として使っていたりや住宅ローンを利用していると金利を優遇してくれる銀行もあります。