まとまった量の着物を買い取ってもらいたい?

まとまった量の着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。
一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告ですよ!基本的には和服も衣類で、生活必需品とされその譲渡には課税されないのが普通ですが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるのでいろいろなケースが考えられます。
少しでも気になるなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。
たとえ未使用のお着物で、傷みがなくても、無条件で高値がつくと思うのは間違いですよ! 着ることによる傷みはなくても経年劣化は多少なりともあるので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。
何回着たかは絶対的な価値ではありません。
査定時の状態が良ければ高値がつきます。
仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているというお着物に心当たりがあれば、一日でも早く買取業者に見せましょう。
近頃ネットを見ていると、お着物買取業者のWEB広告を目にする機会が増えました。
箪笥にしまいっきりにしておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がり値段もつかなくなります。
きちんと保管されてきた良いお着物は意外な高値になる場合もあるので、思い立ったら早めに依頼して買い取ってもらうと良いでしょう。

スピード買取.jpの着物買取評判は?相場価格調査!【高額で売る】